ダイソンを超えた!?米国掃除機シャークニンジャとは?吸引力などの違いは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

家電量販店の掃除機コーナーを見ると、日本製品はもちろん海外製品も多く見かけます。

ここに、新たなアメリカの家電メーカーが参入することで話題になっています。

その名も「シャークニンジャ」

商品名は「エヴォフレックス」です。

正直、あまり聞き馴染みがないのですが、名前のインパクトがすごいですね。

もちろん名前だけでなく、その機能も優れているようで、別名「ダイソンキラー」とも呼ばれるほどです。

日本でも知らない人はいないのではないのではというほど有名なダイソンですが、それ以上の掃除機なのでしょうか。

ダイソンは、特に吸引力が強いというイメージがありますが、ダイソン以上の吸引力なのでしょうか。

スポンサーリンク

アメリカでの評判は?

アメリカのJDパワー社(アメリカ・カリフォルニア州を拠点とする市場調査の会社です)の調査によると、

スタンド型掃除機部門で、顧客満足度がダイソンを超えたというデータがあります。

シャークニンジャ 834点
ダイソン     832点

では、性能面はどうでしょうか。

 

エヴォフレックスは日本向けに作られた新商品とのことで、日本の家具、掃除傾向を分析し開発されています。

重さ:アメリカ商品より約15%程度軽量化
大きさ:高さは1メートル程度、アメリカ商品よりも約10㎝低い
掃除機のヘッド:日本の家具は海外よりも足が短いため、家具の下に入り込めるようヘッドが小さくなっている
音:金属音等は抑えられている

使いやすさ

ワンタッチで柄の部分が折れるため、立ったままソファやベッドの下を掃除することが可能です。

(引用:PRTIMES<https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000035255.html>)

いつもかがんでベッド下の掃除機掛けをしているので、これは非常に楽です!

短い時間とはいえ、毎日のことと考えるとかなり利点ではないでしょうか。

充電

 

エヴォフレックスの電池は取り外して充電できます。

従来のコードレス掃除機のように、専用の壁掛けを取り付ける必要はありません。

賃貸の場合は壁の設置や工事が難しいですが、その一切の必要はありませんね。

吸引

シャーク独自の技術と、2種類のブラシ付きヘッドでパワフルな吸引能力を実現とされています。

2種類のブラシによって大小のゴミを取り除くため、掃除場所に合わせてヘッド交換は必要ありません。

ダイソンよりも吸引力は勝っていると言われています。

(吸引力の違いが分かる明確な数値は見つけることはできませんでした…)

値段

値段は6万円程度が予定されています。

現時点でのダイソン最新コードレスV10シリーズと比較すると安いですね。

ラインナップが多いので、V10シリーズの中でも安いものと比較すると約1万5000円、その他は2万円以上安くなります。

まとめ

シャークニンジャのエヴォフレックスは、同じ高級家電枠のダイソンと比較し、同じくらいの機能で価格は安いということになります。

価格がかなり違うのは、とても魅力ですね!

住まいの広さ、家具配置を踏まえた掃除機選択が第一ですが、高級掃除機も候補にある場合はシャークニンジャを含めて情報収集をしてみるのもいいかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.