認知症との向き合い方。寄り添う大切さ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2015年1月の調査結果では、2012年時点での認知症高齢者は約462万人、65歳以上の7人に1人、80歳以上の2〜3人に1人が認知症と考えられています。

認知症の前の段階である「軽度認知障害」に当てはまる方は約400万人ほど。

合わせて約860万人以上の人、つまり高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備群ということになります。

ついさっきのことが思い出せない」「今日が何日かわからない」「いつも通っている道で迷う」など、日常生活で支障をきたしています。

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は約700万人とされていて、65歳以上の高齢者の約5人に1人を占める見込みです。

認知症の方を理解して、生活を支える」ことは介護をしている家族だけに求められるものではありません。

地域で暮らす人も認知症についてしっかり理解し、認知症の方とその家族を支えていく必要があります。

スポンサーリンク

認知症の方の、自分を守る防衛反応

認知症の方に今日の日付を聞くと「いつもはわかっている。だけど今日は新聞やカレンダーを見てないのでわかりません」と答えることがあります。

体の調子はどうかと聞いただけで、「元気だし、悪いところなんて何もないですよ!」と返ってきます。

これは「取りつくろい」といわれる行動で、認知症の方によく見られます。

好ましくない状況に自分がいると感じたときに行う、自分を守るための防衛反応です。

認知症の方は、「最近忘れっぽいような気がする」、「自分が変なことを言ったり、やっているのではないか」と、うすうす感じています。

ですが、これを他の人に指摘されると率直に認めたくない、おかしいと思われたくないという防衛反応がとっさに働き「取りつくろい」をします。

ただし、親しい家族からおかしいと指摘された場合は「取りつくろい」を通り越していらいらしたり、暴言や暴力などの過剰な防衛反応をしてしまいます。

家族も、変なことを言ったり、している本人に対して、それをなんとか分かってもらおうと「さっきも聞いたでしょ!」「なんでちゃんとできないの?」と言葉で理解してもらおうとします。

しかし認知症の方からみると、家族の言葉は励ましの言葉でも「自分は叱られている、怒られている」と強く受け取ってしまうことが多いようです。

なので、家族の言葉をきっかけにいらいらしたり、暴言や暴力などの行動があらわれてしまう認知症の方がたくさんいます。

認知症の人の心理を理解する

認知症では認識、考察、判断という知性の部分が失われていきます。

認知症の人はその失われていく知性の部分を感性で埋めるようになります。

そのため、認知症の人は感性が今までよりも豊で、研ぎ澄まされた状態になります。

つまり、感情的になりやすい状態です。

このような状態に対して家族は「おかしい・間違ってる・なんでわからないの?」と本人に言います。

本来であれば、こういう言葉に対して知性で考え、答えるますが、認知症の人は感性で感情的に答えてしまします。

家族の言葉ではなく、家族の後ろにある怒りや悲しみの感情をより強く感じとり、さらにその感情に同調し、本人も家族に対して同じようにいらいら、暴言、暴力などで家族に当たってしまいます。

認知症の人は周りの人間の感情に感化されやすいという研究報告があります。

認知症の人から怒りっぽさや暴力などがなくなり、自分らしさを少しでも取り戻してもらうためには、言葉で理解してもらおうと説得や批判をするのではなく、やさしい気持ちと笑顔でそばに寄り添うことが大事なことです。

認知症の人は家族や周りの人の感情を読みとる能力がむしろ優れているのかもしれません。

まとめ

認知症の人がずっと笑顔でいるためには、家族の笑顔が欠かせません。

ただ、やさしい気持ちでずっといるというのは、わかっていても難しいことです。

まずは、認知症の方は感性で反応しやすいんだということ、とても不安な状況が多いということを理解することなのだと思います。

家族だけでなく周りの人も、理解が広まっていくことが大事だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.