熱中症にならないために脱水症予防!誰でもできる簡単確認方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本中で厳しい暑さが続いています。

テレビのニュースでは、「命に関わる暑さ」とも報道されています。

実際に、連日熱中症に関するニュースが途切れることなく流れています。

普段室外で活動する人だけでなく、室内にいる人も熱中症になる可能性は十分あります。

では、熱中症とはどんなことが身体の中で起きているのでしょうか?

自分でできる簡単な確認方法も紹介します。

スポンサーリンク

熱中症とは?

普段私たちは、暑い夏でも寒い冬でも元気に過ごすことができます。(風邪をひいたり体調を崩してしまうこともありますが)

これは、私たちの身体が様々な環境に合わせて過ごすことができるようにできているからです。

熱くても寒くても体温が一定に保たれるのは、この身体の機能のおかげです。

ですが、熱中症はこの体の機能がうまく働かなくなってしまいます。

熱中症とは、暑く湿度の高い環境に、私たちの身体がついていけなくなってしまうことで起こる様々な体調不良の総称です。

熱中症は主に4種類に分かれます。

1.熱失神

私たちの身体の中では、常に熱を作っています。

運動など身体を動かしたときや、動かなくても暑い環境にいることで体温は上がります。

体温が上がると、身体の中では流れる血液の量を増やして、体温を下げようとします。

一気に身体中に血液が流れてしまうので、一時的に血液が足りなくなり血圧が下がることがあります。

血圧が下がると、脳に十分な酸素を届けることができず酸欠状態になり(血液は酸素を運ぶので)、めまいや立ちくらみ、ひどいと意識を失うこともあります。

この症状が熱失神です。

2.熱疲労

一気に体温が上がったときは、私たちの身体は汗を出すことで体温を下げようとします。

汗は血液から作られますが、汗が蒸発することで身体の熱を逃がす仕組みです。

汗を出すということは、身体の水分を出すことです。

汗で水分が身体からなくなった分、十分にを補給しないと、脱水状態になってしまいます。

脱水症状になると、だるさ・気持ち悪さ・頭痛が起こります。

この症状が熱疲労です。

3.熱けいれん

汗の中には、電解質というものが含まれています。

電解質のひとつにナトリウムというものがあります。

汗ってしょっぱいですよね。

その塩分が、ナトリウムです。

血液の中にそのナトリウムは多く含まれます。

汗を出すと、血液の中のナトリウムも多く身体から出てしまうことになります。

ナトリウムは、筋肉の動きに関わる成分でもあるので、足りなくなると手足がつる、けいれんするなどが起こることがあります。

この症状が熱けいれんです。

4.熱射病

体温がずーっと上がり、体温の調節が追い付かなくなってくると、脳に影響がでたり、意識障害を起こします。

体温は40℃を超えるほどにもなります。

この症状が熱射病です。

体温調節ができない状態なので、体温が以上に高いけれど汗をかかずに皮膚が乾燥状態となります。

自分で簡単にできるチェック方法

まず大事なのは水分補給です。

ニュースや情報誌などで多く取り上げられているので、もう分かってます!という方がほとんどかと思います。

できれば、水分補給はお茶などよりも経口補水液と呼ばれる食塩とブドウ糖を含んだものが理想です。

 

しかし、自分の渇きに気づきにくい方や、普段水分をあまりとらない方も多いと思います。

そこで、自分ですぐに脱水状態を確認できる方法があります。

①手の甲を、ハンカチをつまむようにつまみあげる。
②すぐに放す。
③つまんだ跡が消えるまで3秒以上かかる場合、脱水状態の可能性あり。

自分だけでなく、家族や身近な人の状態も確認できます。

あくまで自己チェック方法なので、体調に異変を感じる場合はすぐに病院に行きましょう。

まとめ

熱中症のニュースが多く聞かれますが、「まさか自分はならないだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。

年代問わず、熱中症になる可能性はあります。

危険についてしっかり理解して、注意して過ごしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.