ミドリムシの活躍が幅広い…ラーメンから飛行機燃料まで!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ミドリムシといえば、多くの方が聞いたことがあると思います。

小学生のころ、理科の時間に顕微鏡で見たアレですね。

このミドリムシ、すごい力を持っていて、以前から注目されています。

少し前にミドリムシのラーメンが販売されたニュースもありましたし、ミドリムシ入りのドリンクがコンビニで売られているのを目にしたことがある人も多いと思います。

ではこのミドリムシのすごさは何でしょうか。

調べてみました!

スポンサーリンク

ミドリムシってなにもの?

先ほどあげたように、理科の時間に顕微鏡で見たこともある人も多いと思われるミドリムシ。

ミドリムシはユーグレナとも呼ばれます。

このユーグレナとはミドリムシの学名です。

学名とは、学問上、生物を呼ぶために世界共通でつけられた名前のことです。

ミドリムシは藻の一種とされているのですが、普通の藻と違い「自分で動ける藻」で、実は植物と動物の両方の性質を持つ非常に珍しい生物です。

さらに、植物性と動物性の両方の栄養素も持ってます。

野菜に多く含まれるビタミンやミネラルなどの他に、魚に多く含まれるDHAやEPAという不飽和脂肪酸なども含まれています。

ちなみに不飽和脂肪酸とは、常温で固まりにくい性質の脂質。DHAは高脂血症、高血圧などの予防する働きがあり、EPAは血液の中性脂肪を低下させ、動脈硬化や高脂血症などを予防したり、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

ミドリムシが持つ栄養素の種類は59種、内訳は以下の通りです。

  • ビタミン…14種
  • ミネラル…9種
  • アミノ酸…18種
  • 不飽和脂肪酸…11種
  • その他…7種

とにかく種類が多いですね。

ミドリムシは体内で人間に必要な栄養素をほぼ全て作り出すことができ、ミドリムシだけを食べて生きていけるとまで言われています。(いろんなものを食べたい私にはちょっと厳しいですが・・・)

身の回りにある商品

商品化しているものは今は様々なものがありますね。

ニュースでもよく取り上げられたものは、東京大学発ベンチャーの株式会社ユーグレナと山手らーめん 安庵から発売された、ミドリムシ粉末を使った「みどりラーメン」ですね。

その他に、身近な商品としてコンビニのファミリーマートから売られている商品も種類があります。

2014年から、以下の8種類が販売されっています。

  • スプーンで食べるスムージー ユーグレナ・グレープフルーツ&いちご 【価格】本体:213円、税込:230円
  • ユーグレナ はちみつ&オーツ麦のデニッシュ 【価格】本体:100円、税込:108円
  • ユーグレナ くるみ&クランベリーのパン 【価格】本体:116円、税込:125円
  • ユーグレナ&抹茶オレプリン 【価格】本体:138円、税込:149円
  • ユーグレナ&ヨーグルト葉酸プラス 【価格】本体:123円、税込:132円
  • ユーグレナ入り豆乳飲料 黒糖味 【価格】本体:119円、税込:128円
  • 飲むユーグレナ 【価格】本体:240円、税込:259円
  • ユーグレナ&のむヨーグルトピーチミックス 【価格】本体:195円、税込:210円

職場近くにファミリーマートがあり、ユーグレナ豆乳飲料と、飲むユーグレナを私も飲んだことがあります。

豆乳飲料は黒糖味でやさしい甘みがあり、おやつ替わりや糖分補給したいとき、パンのお供などたびたび買っていました^^

2015年は以下の商品が発売されました。

  • よもぎ香る草大福~ユーグレナ入り~ 【価格】本体:121円、税込:130円
  • ユーグレナ入り 青りんごゼリードリンク 【価格】本体:184円、税込:198円
  • ユーグレナ入り0kcalゼリー マスカット風味 【価格】本体:180円、税込:194円

ミドリムシの他分野での活用

ミドリムシは代替燃料としても注目されています。

ミドリムシがつくり出す油がジェット燃料に近いため、バイオジェット燃料での利用が考えられています。

最近の動きだと、2017年11月29日、株式会社ユーグレナと航空会社のオリエンタルエアブリッジ(ORC、長崎県大村市)は、2017年にユーグレナがORCの第3位の株主になる業務資本提携で合意したと発表しました。

ユーグレナは2020年に藻を使ったバイオジェット燃料によるフライトを計画しており、ORCが地方航空初のフライトになる予定とされています。

長崎の離島振興策を探るという目的もあるようですね。

まとめ

ミドリムシはその栄養面から、その他の活用面まで、多くの可能性をもった生物ですね。

私も身近なミドリムシ商品を利用してみようと改めて思いました。

今後のミドリムシによるバイオ燃料への活用などさらなる可能性に注目していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.