「充レン」で簡単にスマホバッテリーレンタルが可能!対応機種や使い方は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

外出先でスマートフォンの充電がなくなって焦ったことがある方は多いのではないでしょうか?

特に、遠出や旅行中は交通や観光など調べることが多いため、電池切れは致命的です…

2018年7月2日より実証実験という形で、ゆりかもめ沿線を中心としたお台場エリアに、モバイルバッテリーのレンタル機器「充レン」が設置されました。

東京電力エナジーパートナー株式会社と、株式会社ゆりかもめの2社が行っています。

貸出、返却手続きは簡単に行うことができるとのことですが、どういったサービスなのでしょうか。

使い方や、対応機種などについて調べてみました。

スポンサーリンク

充レンとは?

(引用:「充レン」サービスの概要<http://www.tepco.co.jp/ep/notice/pressrelease/2018/pdf/180702j0101.pdf#search=%27%E5%85%85%E3%83%AC%E3%83%B3%27>)

レンタル機器は思っていたよりもコンパクトですね。

画面横に、バッテリーが15個ずつ並んで刺さっています。

事前登録なしで利用できます。

使い方

●レンタル時
①レンタル機器の液晶画面はタッチパネル式です。
②「借りる(Rent)」を選択します。
③自分のスマートフォンに合う充電コネクタを選択します。(iPhone用1種、android用2種)
④自分のメールアドレスを入力します。
⑤自分のクレジットカードをカードリーダーに通します。
⑥手続き完了と画面に表示されたら、画面横のLEDランプが点灯しているバッテリーを取ります。

バッテリーをスマートフォンに接続した後は、バッテリー側面の「PWR」ボタンを押すことを忘れないように!

接続しただけでは充電されません。

●返却時
①画面の「返す(Return)」を選択します。
②画面横の、空いているスロットにバッテリーを差し込んで完了です。

借りたレンタル機器と同じところに返却しなくても、レンタル機器の設置場所であればどこでも返却可能です。

*空きスロットがない場合
①画面の「返す(Return)」を選択します。
②バッテリー裏側に載っている「#」から始まる番号(バッテリーID)を入力します。
③レンタル機器の右下にある返却口に投函します。

バッテリーIDが入力されていないと返却完了にならないことがあるので要注意です。

料金

(引用:PRTIMES「モバイルバッテリーのレンタルサービス「充レン」の実証実験について」<https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000026322.html>)

1回のレンタルにつき300円(税別)です。

レンタルした翌日の12時までなので、午前中に借りた方がお得ですね。

対応クレジットカード

・JCB
・VISA
・アメックス
・ダイナース
・マスター

設置場所

16カ所、合計20台設置されています。

●駅
新橋駅、汐留駅、お台場海浜公園駅、台場駅、テレコムセンター駅、 青海駅、国際展示場正門駅、東京テレポート駅
●他施設
アクアシティお台場、カレッタ汐留、グランドニッコー東京 台場、ダイバーシティ東京プラザ、
デックス東京ビーチ、東京ビッグサイト、日本テレビ、フジテレビ

対応機種

充レンサポートセンターへ問い合わせて確認したところ、

・iPhoneシリーズはすべて対応している
・iPadの充電可能
・androidについてはすべての端末は把握できていない

とのことでした。

まとめ

今後は2020年の東京オリンピックを踏まえ、全国1万台規模を展開しているとのことです。

いざというときに充電がない!というトラブルも軽減されそうですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.