森崎ウィン演じるダイトを監督絶賛!森崎ウィンはどんな俳優?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」が、4月20日に公開されました。

この映画の設定は2045年の未来で、荒廃した世界が舞台のSF映画です。

注目は、出演している俳優の森崎ウィンさんです。

なんとスピルバーグ監督が日本で1番と絶賛した方なんです!

森崎ウィンさんとはどんな俳優なのでしょうか。

スポンサーリンク

「レディ・プレイヤー1」あらすじ

未来の世界では仮想現実(VR)技術が進歩し、OASISと呼ばれる巨大な仮想現実世界が存在しています。

そこは想像したものが現実になる世界で、世界中の人がOASISの中で生きています。

主人公のウェイドもその一人です。

ある時、OASISの生みの親である大富豪が亡くなる際、全世界に向けて遺言を残します。

「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」

これをきっかけに世界中の人が壮大なトレジャーハンティングに参加します。

次第に巨大な組織も動き出し、壮大な争いとなっていきます。

森崎ウィン演じる「ダイト」

ダイトは主人公の友人で、20歳の日本人キャラクターです。

日英バイリンガルで日本刀を使いこなすという設定です。

森崎ウィンさんは英語が話せる俳優さんなのでしょうか。

ハーフのように見えますが・・・

森崎ウィンプロフィール


(引用:スターダストプロモーションオフィシャルサイト<http://www.stardust.co.jp/section1/profile/morisakiwin.html>)

生年月日:1990年8月20日
出身:ミャンマー
趣味:飛行機、ギター、ピアノ
特技:殺陣、ビリヤード

10歳までミャンマーで生まれ育ち、その後日本に移住しました。

両親ともにミャンマー人なので、ハーフではないのですね。

日本移住で、森崎という苗字を取得したそうです。

2014年、尾崎豊さんの追悼映画「シェリー」で初めて映画主演となります。

役者だけでなく、5人組ユニット「PrizmaX」のメインボーカルとして音楽界でも活躍されています。

ドラマ、映画、舞台と様々な活動をしています。

バイリンガル役ですが、実は英語に自信がなかったそうです。

現場では、当然ですが初めて会うアメリカや中国の俳優さん達。

通訳の方もいたようですが、これから本番というタイミングで通訳さんがいなくなってしまう事態に。

ですが、元来のポジティブさが発揮され、とにかくやる!わからなければわからないと言おう!と腹をくくったそうです。

スピルバーグ監督のやさしく寛大なアプローチもあり、飛び込んでいこうという気持ちになれたことも大きかったようです。

 

今後の目標は、5年以内に渡辺謙さんのような世界に通じる俳優になり、10年以内にアカデミー賞をとること!

まとめ

森崎ウィンさんは今回ハリウッド映画出演で、一気に有名になりますね。

もっと英語力があったら、映画作りに自分のプランを伝えられたのに、ぶつかりたかったと悔しい気持ちもあるようです。

悔しさって一番原動力になりますよね。

これから、森崎ウィンさんの世界に向けた活躍に期待です!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.