桃の節句は女の子の行事!いつまでするもの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

3月3日は桃の節句、ひな祭りですね。

女の子が生まれると、ひな人形を用意したり、当日はお祝いの料理を作ったりと家族で一緒に準備をすることが多いかと思います。

ところで、この桃の節句のお祝いは、何歳まで行うのが正しいのでしょうか。

スポンサーリンク

桃の節句とは?

節句というのは旧暦の季節の節目を指します。

旧暦なので、現在の季節の境目とはちょっとずれがありますね。

日本には5つの節句があり、人日(じんじつ)・上巳(じょうし)・端午(たんご)・七夕(しちせき)・重陽(ちょうよう)と呼ばれます。

桃の節句とは上巳の節句のことですが、丁度桃の季節ということでこちらの呼び方が定着しました。

節句には、季節の節目に自分に降りかかる災いを祓う行事が行われていました。

桃の節句は、女の子の誕生や、健康に育つことを願う行事となっていきました。

ひな人形を飾る目的は?

元々は、草木や紙、わらで作った人形(人形(ひとがた)、は形代(かたしろ)と呼ばれます)に、自分の災厄をのせて海や川に流した「流し雛」がひな人形の始まりです。

また、平安時代に始まった人形遊び(ひいな遊び)が、長い年月をかけて流し雛と結びついていったとも考えられています。

流し雛は現在でも

そのため、ひな人形の目的は「女の子の厄災を身代わりに請け負ってもらう」ことになります。

いつからいつまで人形を飾る?

ひな人形は、立春(節分)の翌日から飾ることが多いです。

また、雨水(うすい)に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

雨水とは2月19日頃で、立春から数えて15日目頃です。

雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味を持ちます。

ひな人形をしまうのは啓蟄(けいちつ)が正式とされています。

啓蟄とは3月6日頃、雨水から数えて15日目頃です。

啓蟄に片付けられない場合は、人形を後ろ向きにすると人形が「眠られた」「帰った」という意味になり、片付けたことと同じになるようです。

いくつになるまで行う?

ひな人形が、本来自分の身代わりとして災いをはらうという由来があるため、特に何歳まで桃の節句を祝うという決まりはないです。

つまり、何歳になって飾ろうと自由で全く問題はありません。

女の子の健やかな成長を願うという意味で、新しく生まれた女の子には新しい雛人形を飾ってあげるとよいです。

お母さんの持っているひな人形を娘に引き継ぐと考えている場合は、本来の意味を考えるとお母さんが成人した時にひな人形はその役目を果たした、と考えられます。

なので、お子さん用の新しいひな人形を足して一緒に飾るのがいいようです。

まとめ

ひな人形の本来の目的を知ると、人形の見方が変わってくると思います。

小さいころは、ひな祭り前にひな人形を飾ってお祝いをしていましたが、いつの間にか飾ることをしなくなっていました。

もう成人しているので、ひな人形は役目を果たしてくれたんだなと思います。

昔ながらの日本行事の目的を正しく知って行事を行うと、より意味のあるものとなりますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もいっと! , 2018 All Rights Reserved.